関西の長期インターン実績NO.1の未来電子テクノロジー

HOME > BLOG > 文系大学生がプログラミングに挑戦!!(掲示板をつくる)

mdna_nakai_s21

Laravel

今日は主にLaravelの初期設定を行っていました。

Laravelをインストールするだけと思っていましたが実はそうではないんです。

初期設定をエラーなしで行うためにはほかにも複数ソフトがいるようで…

今日はひたすらページ接続完了画面の
You have arrivedを目指して頑張っていました。

スクリーンショット 2014-09-03 7.26.42

今日も失敗を繰り返しながら少しずつ進んでいましたが、ふと気づいたことがあります。

一気に問題が解決して進む時間帯と、どれだけやっても進めず停滞する時間帯があるんです。

すごく迷っていたと思えば、いきなり分かるようになり、まるで嘘だったかのように分かるようようになると思います。

そしてこの二つは大きく関連していて、苦悩の時間帯が来た後に理解の時間帯が来ます。

苦悩の時間帯

実はこの苦悩の時間帯に入ることがとても難しいんです。

わからない、答えが見つからないということは日常茶飯事ですが、苦悩というレベルにはなかなか達しません。

分からなくても、まぁ探せばどこかに答えがあるだろう、いずれ見つかるだろうと思っている時間帯は

まだ苦悩の時間帯ではありません。ではどんなときに苦悩が訪れるか。

それはどんどん同じ箇所で失敗するうちに、

このままやっていても果たしてこの壁を乗り越えることができるのだろうか

と半分絶望を感じたときに訪れます。

すごく感覚的なところがあるので伝わりづらいところもあると思いますが、
この苦悩こそが成長するための肝なのです。

人間って追い込まれると自分が思って以上の力を出せるものなんです。

多分僕が追い込まれているときの僕の顔はすごいことになっていると思いますが、

その苦悩モードに入ったあと必ず壁を越えれています。

だから今後の僕の課題はどれだけ早くこの苦悩モードに入れるかどうかだと思っています。

検索のスピードや作業効率は以前と比べれば上がって来ています。

あとはどれだけ悩んでどれだけ成長できるか、これをしっかりと念頭において頑張っていきたいと思います。

コマンド

最近、ターミナルの使い方がだんだん分かってきました。

ターミナルでコンピュータにコマンドで指示を出し、その指示にコンピュータが答えを返してくれます。

コマンドを入力して処理を実行してうまくいくと、だんだんプログラミングを分かってきた気分になります。

慣れてくればいろんなことができそう!

Laravelのインストールと初期設定は一通り終わったので、

この後はしっかりとコードを書いていける下準備を終わらせて作業に取りかかっていきたいと思います。

あなたの清きコメントもお待ちしております!

この記事を書いた人
中井 翔太
中井 翔太

この人が書いた記事を見る≫
Copyright MIRAIDENSHI,Inc All Right Reserved.