関西の長期インターン実績NO.1の未来電子テクノロジー

HOME > BLOG > 組織の成長で重要なのは『率直さ』

mdna_nishi_s3

おはようございます。にしです。

みなさん、未来電子ch大未来インタビューは見ていますか?

個人的には凄く面白いので、僕は全メンバーの動画を見ています。
※毎日ぶんちゃんが夜遅くまで動画編集してます。

いつも楽しい動画をありがとう^^

動画を見ていて、感じるのが未来電子のメンバーって

本当に『率直』だなということ。

普通、インタビューなどであれば格好を付けたり、

本来思っていることと違うことをいったりするケースがあります。

しかし、大未来電子chの動画を見ていると全メンバーが

質問に対して『率直』に答えています。
(もっと格好付けてもいいのにー笑)

これは、未来電子が成長している一つのキーワードではないでしょうか?

なぜ、『率直』が組織の成長に繋がるのか考えていきたいと思います。

『率直さ』が組織に齎す効果とは?

『率直さ』とは相手に対して本音で包み隠さず発言できることです。

そういった環境下であれば、多くの人が会話に参加できるようになり、

もちろん豊富なアイデアがでてきます。

そして議論され、分析され、改善されていきます。

みんなが会話せずに黙っている場合は、

当然議論もされないし、改善もされていかない。

そうして、より多くの人が本音で会話に加わっていけば、

どんな組織でも優位性を持つことができると思っています。

例えば、上司の顔色を伺いなら仕事をしていると、

意見を求められても上司が共感するであろう意見を述べて、

本来自分が主張したいことをいえない。

このような事は様々な組織で発生しているのではないでしょうか?

 

なぜ、『率直』になれないのか?

率直であることにメリットがあるとわかっていても

なぜ、組織では率直になれないのか?

それは、本音を話さないほうが楽だから。

つまり本音を話すと相手を悲しませたり、怒らせたりする場合がある。

そのため、相手を悲しませたくない怒らせたくないと思えば自然と嘘もつく。

嘘を発言することが、正しい行動だと認識するようになる。

例えば、口臭が気になる人がいるとする。

あなたならどうしますか?

相手に対して『口臭いですね』とは言えないと思います。

率直に伝えると、相手に嫌われたり、相手を傷つけたりすると思うからです。

しかし、未来電子では

口臭が気になる人がいれば、

『○○の口が臭い。毎日歯を3回磨いて、リステリンをして、頻繁にガムを噛もう』

率直に伝えます。

相手は驚く。そして最初は嘘だと思います。

理由は今まで周りから1回も言われたことがないから。

口が臭いのが事実と認識してもらうために、

みんなに口をチェックしてもらい、認識するようになる。

それから、口臭を改善していく。

きちんと伝えていなかった場合は、営業先で相手に対して不快だと感じさせ、

良いイメージは絶対に持たれない。

そして、取引もしてもらえず売上も上がらない可能性がありますよね。

このように考えると、率直に伝えないほうが相手に対して

悲しませたりしていますね。

率直な組織を形成するには?

率直な組織を形成するためには、入り口が重要だと考えています。

つまり、採用ですね。

面接の中で率直さを見極めるのはとても難しいです。

そのため、インターシップ制度研修期間などで一緒に働いて、

その人が率直がどうかを見極めるのが一番勝率が高くて

率直な組織を形成できると思います。

実際に未来電子の社員は75%以上がインターンから社員になっています。

そのようにして、未来電子では率直な組織が形成されたんだなと感じます。

ちなみにですが、年齢が重なるにつれて率直さが無くなっていく傾向

にあると考えています。(※西調べ)

様々な経験を積み重ねプライドが高くなり、

良い物をすぐに受け入れる状態になっていないことです。

そういった人が組織加わると周りも影響もされるので

気をつけなければいけないですね。

まとめ

組織の成長で重要なキーワードは素直さ。

率直な組織は豊富なアイデアがたくさん出て、議論され、分析され、改善されていく。

率直になれないのは本音を話さないほうが楽だから。

率直な組織を形成するには入り口(採用)が重要。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

今回のテーマに関連した記事です。
インターンに求めるたった一つのスキル

こちらも読んでみてください。

それでは、来週もよろしくお願い致します。

あなたの清きコメントもお待ちしております!

,

この記事を書いた人
西 光弘
西 光弘

専務取締役/COO

この人が書いた記事を見る≫
Copyright MIRAIDENSHI,Inc All Right Reserved.