関西の長期インターン実績NO.1の未来電子テクノロジー

HOME > BLOG > 手書きファン必見!最強の手書きガジェットはブギーボードSYNCで決まり

IMG_20140723_203044

手書きガジェット最強王座決定戦

今日は最近使ってていいなと思ってるガジェットの紹介です。

考えを整理して新しい考えを生み出す時には、時間を決めて大量にブワーッって情報を一度浴びてから、手書きでストーリーを紡いでいくのがマイスタイル。
 
 
最も自分にあったこの「」を見つけるまでたくさん試行錯誤しました。
 
 
あくまで「考えを整理して新しい考えを生み出す」というのが前提ですが、PCでテキストでまとめるところから始まり、マインドマップを使ってみたり、紙に書いてみたり、タブレットに指で書いたり、スタイラスペンで書いたり。
 
 
どれもしっくりこなかった。
 
 
もうこのまま一生手書きはできないのかと諦めかけたその時、僕に手書き人生を与えてくれた今回のガジェットと出会ったのです。

そいつを紹介をする前に、全部僕の主観ですがそれぞれのスタイルのメリットデメリットをまとめてみます。前提は僕はめんどくさがりで飽き性で部屋も机も尋常じゃなく汚いけど、新しいもの好きという条件があります。

じゃあ早速いきましょう。見てくれよな!

テキストでまとめるメリットとデメリット

結論からいうと、テキストでまとめる作業は好きです。端的に情報をまとめられるし動画と違ってあとで自分のペースで読み返すことができる。

しかし、唯一の欠点はビジュアルが伴わないので、構造から新しいイメージが湧きにくいということなんですよね。

打合せなど箇条書きで情報を控えておいてあとで見返すのには適していますが、「考えを整理して新しい考えを生み出す」のには向かない。

一発目からそんなこと言わんでもわかっとるわという内容になりましたが、次いってみよう

マインドマップでまとめるメリットとデメリット

僕の中での位置付けはテキストの進化版。構造化されているのでそのままプレゼンにも使えるし、なんか作り込んだ雰囲気も伝わるので仕事してる感が満載です。
 
 
よく使うのは「Mindmeister(マインドマイスター)」です。
 
 
こちら有料版を使ってますが満足度は高いですね。

しかしクリエイティブな思考が求められる状況で情報を整理している時に、「これはこっちあれはここ」のように、構造を意識して切って貼ってする作業が入るとすんごいノイズ。

クリエイティブな時にロジカルな頭に切替える作業は一切したくないので、「考えを整理して新しい考えを生み出す」時には使いにくいです。

でもそうじゃない時は本当にいいよ。

紙でまとめるメリットとデメリット

じゃあ紙に手書きで書けばええやん!ってなったのでそれも試してみましたがテキストの時同様に言わずもがな、すぐにやめました。理由は、
 
 
書いた紙を未来永劫見ることはない
 
 
見ます?書いたやつ。
 
 
百歩譲って見たとしてもそれを見て思考の整理なんて絶対にできない。僕は。
 
 
なんせ紙自体が整理されてないからね。
 
 
さらに紙は有限やし補充とかめんどくさいし、紙を挟む板みたいなやつを買って紙を挟んで持ち歩いてましたがたった2回の打合せで飽きました。

しかし、手書きの良さは本当にこの時に実感出来たのは良かったこと。その良さは分かるのですが、如何せん書いたものを再度見ないのが辛いところ。
 
 
いや、意識して見ろよ!
 
 
って思うでしょうが、見ません。絶対に見ない。書いた紙はどっかにいくものですし、時間が経てば消えます。ここがほんまに使わない理由としてでかいなぁ。

かといってスマホで写真を撮るのも面倒くさいし、せっかく考えたことも形に残せないであれば意味がありません。

タブレット端末にまとめるメリットとデメリット

そうなってくると最後の頼みの綱は手書きしたものを電子化することですが、単純発想で思いつくのはタブレット端末ですよね。Apple系もAndroid系も両方試しました。その上で結論は、
 
 
これはもう、手書きじゃない
 
 
なんか書いてないんですよタブレットって。ガラス掃除をしている感覚しかなく、もうスケートですよ。こんなもの何も書いてやいやしない。もっと書きたいんですよ僕は。
 
 
メリットは自動で保存されることくらいですね。
 
 
余談ですが、タブレットの手書き以外の使い道も考えてみましたが思いつきません。

そもそもタブレットを使うことをなかなか習慣化できないです。iPadもNexus7も持ってますがどちらも無理でした。
 
一台目スマホはiPhoneを使ってますが、そういう理由で二台目持ちがなかなか根付きません。PCでいいやってなる。そんな時に購入したNexus5
 
 
彼だけはマジでイケてます
 
 
すごいヘビーに使ってます。二台目持ちがようやく上手くいった。iPhoneよりもちょっと画面がデカいからアプリも見やすいし、PCよりタブレットより断然小さいからポケットに入る。

そんな理由からもスマホの重さに抵抗がなくなってきたこれからは、ちょっと画面がデカいスマホが時代の流れだろうな。

最後に・・・ようやく出会えた最高のガジェット

そんなこんなでもう僕の手書き欲求を満たせるものがないのかと思ったその時、新しいガジェットが僕の目の前に現れたので最後の頼みの綱とばかりに速攻で購入しました。
 
 
Boogie Board Sync 9.7
 
 
いやーこれはね書いてますよ。まさに書いてます。

紙に書いている感覚ではないのですが、本来「書く」という行為で人間が認識している感覚にすごく近い。スラスラ書ける。

さらにボタン1つでBluetoothを使って保存もできるし、専用アプリでスマホに勝手に保存もしてくれる。

Evernoteとリンクさせれば自動でジャンジャンEvernoteにたまっていく。

僕はEvernoteは見る習慣があるので、いまのところはこれで上手くいってます。本当に楽ですよ。
 
 
何よりタブレットより軽いし、お値段もそんなに高くない
 
 
極めつけはアプリとBluetoothでつながった時に「紙よ、サヨウナラ!」とでるのがなんかいい感じ。ほんまサヨウナラ!

情報をブワーッて浴びた後、もう枚数とか関係ないから使いたい放題で書きなぐっては保存してを繰り返す。それをやるうちにどんどん考えが整理されていい感じに仕事が捗ります。

最近はこれで上手くいってるので紹介したくなった次第です。
 
 

あなたの清きコメントもお待ちしております!

, , ,

この記事を書いた人
福本 真士
福本 真士

代表取締役社長/CEO

この人が書いた記事を見る≫
Copyright MIRAIDENSHI,Inc All Right Reserved.