関西の長期インターン実績NO.1の未来電子テクノロジー

HOME > BLOG > 働く、稼ぐ、学ぶという本質について考えてみた

mdna_kuroda_s1

みなさんこんにちは。
ここでのブログ初投稿!クロちゃんこと黒田です。

本日は成長著しいインターン生の海ちゃんがテスト期間でお休みのため、
僕が代打で書いてみます。

それではいってみます!!

なんであなたは働くの?稼ぐの?学ぶの?

最近すっごい考えることがあるんですよね。

それは、「なんで働くんやろ?」「なんで稼ぐんやろ?
なんで学ぶんやろ?」ってこと。

何にみんなは動機付けされてこんなにもハードに働けるんやろって。

 

なんでだと思いますか?

 

回答は十人十色ですよね。
全て間違いではなく正解だと思います。

その上で僕なりの結論を先に出します。

働く、稼ぐ、学ぶ本質は「選択肢を増やす」ということにあり

例を出します。

●会社経営歴30年社長Aさん
●おんぼろアパート住みBさん
 
 
Aさんは1回のランチに使える金額が5,000円です。
Bさんは1回のランチに使える金額が500円です。
 
 
Aさんは使える金額が5,000円の上で、本日はコンビニのおにぎりとパン、
計300円で済ませました。

Bさんは使える金額が500円のため、本日もコンビニのおにぎりとパン、
計300円で済ませました。
 
 
使ったお金と食べた物は同じです。

しかしどうでしょう。

AさんとBさん、どちらが「美味しい」と感じられるでしょうか?
僕は、多分Aさんだと思います。

 
あら不思議。

 
もういっこだけ例を出します。

●会社経営歴30年社長Aさん
●社会人歴3年目Bさん
 
 
Aさんはベンツも買えるしクラウンも買えるしワゴンRも買えます。
Bさんは現段階では金銭的にワゴンRにしか手が届きません。
 
 
Aさんはその上で、ワゴンRを買いました。

BさんもワゴンRを買いました。
 
 
使ったお金と買った物は同じです。

しかしどうでしょう。

AさんとBさん、どちらが大切に車を扱えますか?
僕は、多分Aさんだと思います。
 
 
あら不思議。
 
 
本来、逆ですよね?
逆でないとダメですよね。

でも世の中そうはいかないのが常。

これを【世の中逆のことが起こる理論】と言います。

※考えた人:僕
 
 
この理論を話し出すと長いので今回は辞めておきます。
誰か飲みながら語りましょう。

さて、なぜAさんBさんのような現象が起こるのでしょうか?
 
 

それは ”選択肢” が多いか少ないかが密に関係しています。
 
 

選択肢が多ければ自分で選んだ、決断した、買ったと考えられるため、
常に建設的な思考状態になります。

選択肢が少なければこの真逆になります。

もっと言うと選択肢が多ければ卑屈になりません。
選択肢が少なければ妬みが出ます。
 

本題に戻ります!

働く、稼ぐ、学ぶ本質は「選択肢を増やす」ということにあり

では選択肢を増やすための手段って何なのか?

僕はそれが働く、稼ぐ、学ぶことだと思ってます。

 
 

  • 働くということは自分ができる選択肢を増やすことができる
  • 稼ぐということは自分ができる選択肢を増やすことができる
  • 学ぶということは自分ができる選択肢を増やすことができる

 
 

もうここまでくると、今自分がやっていることは全て自分ができる選択肢を増やすこと以外の何モノでもないですよ。

今こうやってブログを書いているのもそう。

別に働く稼ぐ学ぶ以外のことも全て。
 
 

そして選択肢を増やせば増やす程自分に余裕が生まれてきます。

 
 
これは間違いありません。
 

仕事で言うと、見込顧客が底を尽き最後の1人にすがる営業マン程怖いものってありませんよね。(笑)
お客さんに提案できるモノをひとつしか持っていない営業マン程ダメなものはありませんよね。
 
 
アウトー!!
 
 
だから僕たちは学び続けるんです。
選択肢を増やすために。
提案できる商品を増やせるように。

なので僕的には選択肢を減らす行動なんてあり得ないです。
まぁそんな行動ないんですけどね。(笑)

でも選択肢を増やすための行動を取っていない人多すぎ!って感じです。
 
 

このまとまりのない文章を最後まで読んで下さった方!

自分の選択肢を最大化させましょう!
そのために働き、稼ぎ、学びましょう!

働いて!稼いで!学んで!
一緒に選択肢の多い人生を歩みましょう!

それこそが自分と自分に近い人を幸せにするための秘訣です。

あざした。

あなたの清きコメントもお待ちしております!

, , , ,

この記事を書いた人
黒田 圭一
黒田 圭一

メディアチーム/営業統括責任者

この人が書いた記事を見る≫
Copyright MIRAIDENSHI,Inc All Right Reserved.