関西の長期インターン実績NO.1の未来電子テクノロジー

HOME > BLOG > 今まで言葉になっていない!誰でも使えるたった1つの勝利の方程式

mdna_fukumoto_s2

僕たちはみんな敗者復活戦のプレイヤーだったんだ!

昔からうすうす感づいていましたが、最近はっきりしたことがあります。

どんな市場にも勝ち方があって、その勝ち方は市場ごとの差異はなく共通しているということ。そこに気づいていない人は土台にも乗っていない。

ここでの「勝ち」の定義ですが、「マインドシェアの割合が最も多いプレイヤー」とする方がわかりやすいですね。

比較対象が他プレイヤーの割合ということは、市場で競争するプレイヤー同士が互いに業界がピラミッド型になっていることを認識している状態と言えます。
 
 
そこで勝つための方法ですが、

そのピラミッドはどんなKPIを立てれば1段上に登れるのかを知り、
自分がピラミッドのどこに位置しているのかを理解していることが必要です。
 
 
戦略としては、同じオールドピラミッドを登るか、自分でニューピラミッドを作って同じ高さまで登るか。「戦略」の本来的な意味を考えると「戦わないで勝つ」後者の実現を考える方が正しいです。

特にリソースの少ない僕たちみたいなIT系スタートアップは真正面からオールドピラミッドを登ったらダメ。なぜダメのか?
 
 
その答えは簡単。
 
 
オールドピラミッド上位にいるプレイヤーのブランド力には奇跡でも起きないと勝てないから。ブランドの力は恐ろしく強い。さらに言うとピラミッドの上位に位置するプレイヤーはほとんど初めから選ばれているということ。

言葉は悪いかもしれませんが、
 
 
上に登ることを決めた時点で敗者復活戦
 
 
ただ、諦めてはいけないポイントはたくさんあって、もっとも重要なことはピラミッドの高さが同じでさえあれば評価は同じだということ。

次に、インターネットの登場によって時代の流れが加速して、より鮮明に消費者の動向が移ろいやすくなっていること。

さらに、ピラミッドは違えど1段上に登るための戦術はほぼ同じだということ。すでに登ることが決められていたとはいえ、オールドピラミッドの覇者が登り抜いたのは事実。

結果を見た上で帰納法で戦術を考えられることほど簡単なことはありません。要は、その戦術を学ぶこと。その方法を知った上で実践し運が良ければ、さっき書いた「奇跡」が起こります。

どんな市場にも共通するたった1つの勝ち方

奇跡を起こすための必須条件。その戦術が冒頭に書いた共通点のことですね。つまり。
 
 

Quality Of Quality And Leverage(圧倒的なクオリティとレバレッジ)

 
 
英語表現として間違っているかもしれませんが(誰か正しい言い方教えてください)、ここで言いたいの「圧倒的なクオリティ」と「レバレッジ」です。

言葉で表現すると深みが一気になくなって、簡単に見えてしまう言葉だけに安易に捉えて失敗してしまいます。

僕もよくやってしまうミスです。なんでわかっていてもミスをするのか?簡単です。
 
 
クオリティの高さの尺度は経験した量に比例するから。
 
 
10のクオリティをみて100と感じる人にはそれがすべてなんですよね。それ以上は想像だにできない。そこが落とし穴。

そこを鍛えるには大局的なモノの見方と局所的なモノの見方が必要で、イメージは鷹が空から下を眺めながら獲物を見つけたら狙いを定めてブワッと襲いかかるイメージです。

ただここで気をつけないといけないことは、鷹は下ばかりじゃなく前の遠くの方も見ておかないといけません。下を見たり前をみたり。「前へ下へ!」ですね!

それを繰り返している、自分が思っていた100のクオリティが徐々に20だったとか、10だったとかに気づけるようになります。
 
 
クオリティは刻むもの
 
 
勝手な持論ですが僕はクオリティの総量は一定であると考えています。さっき言ったように、いまの自分が実感しているクオリティがすべてだから。あとはどれだけ刻めるかで相手の中での相対的な質を上げるか。

そこに尽きますね。
 
 
クオリティが高まれば自動的にレバレッジがかかる
 
 
しかし、「100×0=0」レバレッジは0に何をかけても0なので、「100×100=10,000」になるような対象(ブランド)を見つけてくることですね。これは「」だったり「会社」だったり「サービス」だったり、すでにブランドを保持しているところを狙わなければいけません
 
 

Quality Of Quality And Leverage(圧倒的なクオリティとレバレッジ)

 
 
ここを押さえてとにかく走りだしてみれば、ちょっと見えてくる世界が変わります。

書きたいことはまだまだありますが、なんか長くなって疲れてきたのでそろそろやめたいです。中途半端ですがまとめてしまっていいでしょうか。

今日から実践できる上に登る4つのステップ

まとめます。何をしたらいいのか僕が考えているのはこんな感じです。
 
 

  • 1.オールドピラミッドがあることと、自分がその中のどこにいるかを認識する
  • 2.オールドピラミッドの覇者の戦術を明らかにして逆算し1段登るためのKPIを立てる
  • 3.オールドピラミッドから出ていきニューピラミッドを構想する
  • 4.ニューピラミッドの中で常に「圧倒的クオリティ」と「レバレッジ」を意識する

 

最後雑になりましたが、こんな感じです。では。

あなたの清きコメントもお待ちしております!

, ,

この記事を書いた人
福本 真士
福本 真士

代表取締役社長/CEO

この人が書いた記事を見る≫
Copyright MIRAIDENSHI,Inc All Right Reserved.