2016.12.14

生きる上で大事なこと


あなたは人生に何を求めるのか?

僕たちは日々たくさんの欲求を持って生きています。

最近の若者は欲求が減ったとよく言われますが、それでもたくさんの欲求や願望は持っているはずです。

もちろん僕もです。

いい服を着たい、いい車に乗りたい、いい家に住みたい、etc…

まぁ誰でも思うことでしょう。

それはそれでいいと思うのですが、ちょっと視点を変えてみることも必要かなぁ、と。

というお話が代表福本よりありました。

このような問いかけです。

人生はあなたに何を求めるのか?

主語が逆です。

人生とあなた。

人生はあなたに何を求めるのか?

これについては昔考えたことがあったなー、と、少し思い返してみました。

こう言い換えた方が僕にはしっくりきていました。

悩み 2015-03-20 16.37.39

そもそもなぜ自分はこの世に産まれてきたのか?

なぜ今この瞬間を生きているのか?

いきなり岩が落ちてきて死んでしまう人もいるのに。

何の罪もないのに車が突っ込んできて死ぬ人もいるのに。

でも自分は生きている。なぜ?

普通に喋れて見た目も普通。

身体も問題なく動くし運動も普通にできる。

それらが生まれつきできない人だっていっぱいいる。

でも自分はできる。

ならそれらを目一杯使わなくてどうする。

使いたくても使えない人がいるんだから。

使えるなら使わないと損。

顔、口、声、手、足、脳みそ、全て使うためにある。

使うためにこの世に誕生した。

使うことに価値がある。

使われて初めて価値が産まれ、世のため人のため自分のためになる。

だから自分が持っていてできることは全部やろう。

頭・・・考え続けよう。自分のこと、家族のこと、人のこと。

顔・・・笑顔でいよう。印象を与えよう。

口・・・発言しよう。喋ろう。

耳も、鼻も、目も。

足・・・マラソンやろう。(やりたい)

全身・・・格闘技やろう。(やりたい)

それらを使ったら次に人の使えるものも使おう。

人の頭、手、口、全部使おう。

自分だけのものを使っていてももったいない。

人の使えるものも使わないと。

世の中陰陽のバランスは必ず均一だから、自分の使えるもので人の役に立ったら、人のために使ったら、同じ分だけ人のものも使って大丈夫。

と言うか、その分だけしか使えないように自動調整されるから。勝手に。

陰陽のバランスは絶対に崩れない。

仮にそれを無理やり崩そうとすれば痛い目を見るのは自分。

人生はあなたに何を求めるのか?

人生は、私に『あなた自身が持っている、使えるものを全て使って世のため人のためになりなさい』と求めています。

それができれば同時に同じだけ人からの還元がありますから、結局はプラスマイナスゼロ、陰陽のバランスが崩れることはありませんよ。

と言っていると思います。

さ、人の役に立って人のものも使わせてもらお。笑

おわり。

悩み 2015-03-20 16.37.39


この記事を書いた人

黒田 圭一

コンテンツ事業部

黒田 圭一