関西の長期インターン実績NO.1の未来電子テクノロジー

HOME > BLOG > 3分でわかる!インターンシップの種類と目的まとめ

こんにちは!

コミュニケーションチームインターンの海地です。

今回もインターンシップについて。

バックナンバーはこちら!

インターンシップの意味と5つのメリット

インターンシップの5つの疑問

インターンシップについてだいぶわかってきましたか?

今回は、実際どのようなインターンシップがあるのか見ていきましょう!

期間

大きく分けると、

  • 短期インターン
  • 長期インターン

の2つです。

そして、細かく分けると、

  • 1、セミナー・体験・見学型
  • 2、プロジェクト・ワークショップ型
  • 3、実践型

の3つに分かれます。

では、それぞれ詳しく見ていきましょう!

短期インターンシップ

短期と一言でいってもさまざまです。

1日で終わるものもあれば、1~2週間のものや、中では1か月ほどのものもあります。

サマーインターンやウィンターインターンなどの長期の休みで行われるのは短期のものが多いですね。

セミナーの内容によって期間は決まっているので、実際どのような内容なのかみていきましょう!

セミナー・体験・見学型

このインターンは1日~数日の短期で行われることが多いです。

イメージとしては企業説明会のような感じ。

もしくは、小学校の頃の社会科見学の大学生verって感じですかね??

社員さんや役員さんの講演会の時もあります。

メリット

  • 短期間で企業のイメージをつかむことができること。
  • 多くの企業を回ることができること。

デメリット

  • 業務内容までは知ることが難しいこと。
  • 大人数のため、交流があまりないこと。

(インターン後に交流会などがあることもあります!)

プロジェクト・ワークショップ型

学生数名でプロジェクトチームを作り、与えられた課題に取り組むタイプ。

または、グループ内ディスカッションなどの場合もあります。

5日間~2週間ほどのものが多いです。

メリット

  • 社員さんからフィードバックをもらえたり、プロジェクトの成果を発表したりできる。

成果を出せば、最終面接を受けることができる権利や、内定をもらえることもあるそうです。

  • 友達ができる。

デメリット

  • 実際の業務内容とは異なることも多い。

実務とは別に課題が用意されていることもあるので、実務内容が知りたい!という方は、セミナー型のほうがいいのかもしれません。

長期インターン

3か月~半年のもの。

多くは期間が決まっていなく、2,3年勤務することもあります。

実践型

これは実務をするタイプです。

期間は特に定まっていない場合も多く、弊社インターンのくぼたんのように3年以上働いている人もいます。

やはり、長く働くことで戦力になるので、長期間の勤務を望む企業さんも多いようですね。

メリット

  • 圧倒的な成長

実務をするので、圧倒的なスキルアップがはかれます。

デメリット

  • 時間をとられること。

あまり出勤しないと実務は任せることができないですよね。

よって、週2,3日以上の勤務を条件にしている企業が多いです。

「実務をやってみたいけど、そんなに時間がない・・・」

大学3,4回生だと就活で忙しい。
大学1,2回生だとまだ授業がたくさんあるから、なかなか時間取れないですよね。

それに、遊びたい欲がはんぱない!!

周りが遊んでいる中、週2,3回インターン行くなんて考えられない!

大学生!いつ遊ぶの?!

今でしょ!!

って感じですよね。

(もう古いですね。。。林先生もすみません笑)

でも!意外といけるものです。

また次回以降詳しくご紹介しますが、私の1週間のスケジュールを

月曜日 サークル

火曜日 バイト

水曜日 インターン

木曜日 バイト

金曜日 インターン

土曜日 インターンの後、友達と遊ぶorバイト

日曜日 遊ぶ!!!or家でゆっくりorバイト

遊ぶ時間もあります!

バイトは時給900円で週3回。5時間×4週分=54,000

意外と普通の金額かなーと思っています。

インターンでも1,2万いただけるから収入は普通の大学生と同じです(*^_^*)

勉強も課題が結構ある方かな、と思っているのですが、あきコマで仕上げたり、すきま時間使ってやったりすると意外と大丈夫です。

私は予定ぱんっぱんにつめて、ある日死んだように眠る。というのが好きなので、こんなスケジュールですが、ほかのインターン生はもうちょっと違うのかもしれないので、またレポートしますね!!

話がずれてきたので元に戻します。

インターンの形態としては今あげた3つです。

短期だけでなく、長期も可能だということですね。

では、次に種類と業種をみてみましょう。

種類・業種

これは実務インターンにあてはまることが多いのですが

  • 営業
  • エンジニア・プログラマー
  • デザイナー
  • マーケティング
  • ライター

の5つ。

自分がどのスキルを身に着けたいのか。

それを考えてインターンを選びたいですね。

また、業種は本当に様々です。

すべての業種やっているんじゃないかな?ってくらいやっているので、気になる業種にいってみるのもいいですね!

ちなみに・・・

私のおススメはまずは短期インターンをしてみることです。

いきなり長期インターンをするのは、向き不向きもあるかと思うので、短期で見といてからのほうが安心かなーと思います。

また、長期インターンをおススメするのは圧倒的なスキルが手に入るからです。

圧倒的圧倒的ってどんだけやねん!!

と思われる方もいらっしゃると思うので、またその圧倒的なのを見せます!魅せます!

「営業もやってみたいけどマーケティングも、プログラミングも勉強したいなぁ」

という意欲のある悩みをお持ちの方!

未来電子テクノロジーは、やりたいこと全部できます!!

営業でも営業だけやっている人はいないですね。みんなプログラミングもやっています。

私も最初は営業、その後ライター、プログラミング(挫折気味…)といろいろやらせていただいています。

こんなにいろいろできる環境ってなかなかないですよね!

本当に、関西圏にいる方でインターンを探している方は是非一度見に来てほしいです(*^_^*)

「ベンチャーってスキルいりそう。自分なんもPC詳しくない。。。」

という方もぜんっぜん大丈夫です!!

私も最初、ワードしか使えませんでしたが、なんとかなっています。笑

なんとかなります。笑

でもやっぱりPC強い人ってめちゃくちゃかっこいいから、はやくmac airでかっこよく仕事できるようになりたいです!!

会社からmac支給されんかなぁ…笑

おわりに

今回はインターンの種類と形態をお伝えしました!

次回は、実際にインターンを始めるにはどうするのかをお伝えします。

最後まで読んでいただいてありがとうございました(*^_^*)

追記

インターンに悩まれている方向けにLINE@を開設しました。
大手もベンチャーも経験した人事担当者がみなさんの疑問に答えてくれます。
インターン、就活について聞きたいことがある方は以下のボタンをクリックして質問してみてください。
LINEat_logotype_Green

あなたの清きコメントもお待ちしております!

,

この記事を書いた人
海地円香
海地円香

コミュニケーションチームインターン

この人が書いた記事を見る≫
Copyright MIRAIDENSHI,Inc All Right Reserved.