関西の長期インターン実績NO.1の未来電子テクノロジー

HOME > BLOG > ストレングスファインダーから得た自分の適応性という強みについて考えてみた。

こんにちは!メディアチームインターンのカヤです!!

 

突然ですけど皆さんストレングスファインダーをご存知でしょうか。

 

 

おそらく知ってる方はたくさんいらっしゃると思います。

僕はつい先月知りました。

 

何を隠そう、

これは自分の5つの強みをかなり正確に導き出してくれる凄い診断テストなんです!!

 

自分という人間はどんな強みがあるのかを教えてくれます。

 

今では効力が凄すぎて、

未来電子内ではテストを受けていない人なんていない!!(はず。)

 

実際に新しく入ってきたインターン生の研修にも扱われるなど、

かなりの活躍を見せています。

 

 

 

 

元々、僕はこういう適正診断テスト系を全く信じておらず、

自分にとって不都合な診断結果であればすぐさまポイと捨ててしまうようなやつでした。

 

 

しかし、

社長に勧められるままやってみると凄い!!

 

見事に当たってる!!

 

というか当たり過ぎて怖い!

 

僕の5つの強みは以下の通りでした。

スクリーンショット(2015-10-09 16.47.09)

僕の5つの強みパッとしない笑

でも、このパッとしない感がまたリアル!!

 

 

テンション上がってましたが、

この診断結果を受けた時僕は騒然としていました。

なぜなら、他の人の診断結果を先にたくさん見ていたからです。

 

 

他の人めっちゃかっこいい5つやん。

 

おれも未来思考とか自我とかポジティブとかかっこええやつ欲しかった。

 

慎重性と回復思考ってちょい微妙やん、、、

 

そう微妙やん!!!

 

 

でも、これが現実。

診断テストを適当にやってしまったんですよ〜

という言い訳もしましたが、

その適当にやったやつも込みで上の5つの結果が出るとの事で撃沈しました。

 

 

診断された強みが言い逃れができない程僕に当てはまっていたので認めざるを得ませんでした。

 

そこで、僕は他人を羨ましがることを辞め自分の強みたちと向き合う事に決めました。

 

 

まずは、一番かっこよさそうな強みである適応性を伸ばそう。。。

 

伸ばすべきは適応性也。

 

まずは、僕の強みのおさらいです。

 

スクリーンショット(2015-10-09 16.47.09)

 

これらの強みを自分のこれまでの人生に当てはめて考えてみました。

 

適応性、、、ヒッチハイク、田舎に泊まろう、未来電子でインターンしてること、社宅生活、先輩とシェアハウス、etc、、、

 

回復思考、、、洗濯、部屋の掃除(一部だけ。)

 

慎重さ、、、人見知り、びびり、疑う

 

共感性、、、これだけはピンときていない。

 

内省(考えるのが好きということです。)、、、本を読む、勝手にストーリーを考える、ブログを書く、一人が好き。

 

 

 

適応性が凄い!!(これ以外に伸ばしたいやつあらへん!)

 

というか、それ以外あまり強みと言えるかわからんw

慎重さについては弱みにも思える。

 

 

やはり、自分は適応性に特化した人間であったか。

 

 

思い返せば、

夏に未来電子社宅に住み込みで毎日営業に明け暮れた日々。

朝6時に起きて、会社までチャリが無いので40分程歩いた日々。

僕は営業成績1位でした。

今思い返せば良くあんな生活を30日間続けれたなと思いますが、

そこが僕の強みなのでしょう。

ヒッチハイク等の冒険も同様の事が言えます。

 

 

 

かなり、都合良くかっこ良くまとめてしまいました。

唯一のかっこいい強みなのでかっこ良く言わせてください。笑

 

 

方向性は決まりました。

 

これまで通り、適応性を伸ばす!!!

 

後の強みは何となく伸びればいいです。

 

 

どうやって伸ばすの? 適応性

そこに僕自身も悩みました。

適応性って伸ばせる強みなのか?

ストレングスファインダーの解説を見てみましょう!

 

適応性

あなたにとって今この瞬間が最も重要です。あなたは将来を既に決まっているものとは考えていません。将来というのは、今あなたが行う選択によって変わっていくものだと考えています。つまり、それぞれの時点で進む方向を一つずつ選択することによって、将来を見出すのです。これは計画がないということではありません。おそらく計画は立てているでしょう。たとえ計画が予定通りに行かなくなったとしても、適応性という資質によって、あなたはその時々の状況に容易に対応することができるのです。突然の要請や予期せぬ回り道に憤慨する人も中にはいますが、あなたは違います。あなたは、それらを期待しているのです。それらは必然のことであり、実のところ、あなたはある程度それを待ち望んでいます。あなたは生まれつき大変柔軟性のある人です。仕事上の必要から同時にいくつものことに注意を払わなければならない場合でも、常に生産性を保つことができます。

引用 ストレングスファインダーより。

 

なるほど。

本当に自分に当てはまってる気がする。笑

よくもっと将来のこと考えろとか、

一歩先の行動を読めとか怒られるんですが、

僕にとっては今この瞬間が最も重要だからあまり未来予想が得意じゃないかったというわけです。

だから、未来思考とかかっこいいやつは無かったのか。笑

 

 

これを読む限りでは、

精密にゴールまでを計算して戦略的に行くというよりかは、

ある程度の作戦でゴールまでとにかく走るというスタンスが合ってそうです。

 

 

僕の適応性の高い人のイメージとは、

知らないダンジョンを速攻で誰よりも早くゲームに慣れ、自分の本調子でゴールできる勇者です。

そしてゴールに近づくたびにパワーアップできる人。

 

そんな勇者を目指すために必要な事は実は僕はもう知っていました。

 

未来電子に入り、

代表からずっと言われ続けてきた事ですが、

「死に近い選択をする」ことです。

 

懐かしいですね!

本当にこの言葉大好きです!

 

これこそ、まさに今その瞬間を生きていますよね。笑

 

岡本太郎さんに感化される自分がわかる気がします。

 

どんなフィールドでもいち早く慣れて、

普段の機動力を落とさずに戦えるか。

 

これを実現する適応性を養おうと考えるのであれば、

普段からぬるい環境に身を置いていては急に地獄に落とされた時にあっぷあっぷなって死んでしまいます。

 

ということは普段から地獄に身を置き、

死にものぐるいでそこの環境に慣れるしかなかったのか!

 

死に近い選択をするということは、

絶対問題は起きます。

いや、問題に自ら進んでいるのでもう起きているのか!

 

僕自身もよくわからなくなりましたが、

とにかく、失敗を恐れずに「死に近い選択」をする。

 

さすれば、おのずと問題解決能力が上がり適応性がついてくる!

問題に対応できるかの柔軟性はどれだけ場数を踏んできたかの経験数だと僕は勝手に思っています。

 

これらをこなしていけば僕の強みがパワーアップするということですね!!

やったぞ!!!

 

 

自分の強みについて。 

今回の適正診断を信じすぎるのもどうかと思いますが、

やってみる価値は十分にありました。

 

診断結果に現れた5つの強みは本当にどれも当たっているものでした。

 

今回は例を挙げて適応性について書きましたが、

他の4つとも強みかはわかりませんが僕の中にある根底の1つの軸ではあったので驚きです。

(あ、共感性は今のところ僕の中では僕自身では発見できてない気がします。)

今後また別の形で僕の強みになってくれることを期待します!

 

 

そんな中でかっこいい未来思考とか、活発性とか、目標思考とかキラキラした強みですよね。

 

自分の強みについて考えれば考える程、

それらが無かったのは何だか納得できました。

 

未来思考が無いのは先ほども証明されてましたね。笑

 

将来を描くことへの逃げみたいですが、

僕はずっとあんまり考えてこなかった人間です。

 

ただ、ある程度は見ておかないと危ないというのは僕でも理解しています。

 

大学三回生ですし。笑

 

 

今度、じっくり将来について考えてみようかと思います。

 

最後に。

ストレングスファインダー是非やってみてください!!

そこらの適正診断テストとは全く違います!

 

特に僕と同じ大学生の方で自己分析等でお悩みの方はオススメです!!!

 

そして、もしあなたの5つの強みの中に「適応性」が入っていれば、、、

 

一緒に死に近い選択しましょう!!

岡本太郎さんの本は貸します。

勇者目指しましょう!!

 

え?追い込まれる環境が無いですって!?

 

大丈夫です。

 

僕が打ってつけの良い環境知ってます。

 

未来電子テクノロジーというITベンチャーがあります。

 

営業やライター活動を通して他の学生に負けない実務経験ができます。

そして、何よりかなり追い込まれるんで適応性にはもってこいです!!

 

 

もちろん、適応性とか関係無しにいろんな人いるのでお待ちしております!

 

ちなみに、ストレングスファインダーが研修としてついてます。笑

 

 

あざした!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの清きコメントもお待ちしております!

, ,

この記事を書いた人
加屋 陽士
加屋 陽士

メディアチームインターン

この人が書いた記事を見る≫
Copyright MIRAIDENSHI,Inc All Right Reserved.