関西の長期インターン実績NO.1の未来電子テクノロジー

HOME > BLOG > 東京出張2日目&3日目

東京出張2日目&3日目

先週の東京出張1日目に引き続き、2日目と3日目について書きます。

2日目は芹生さんと行動させていただきました。

一件目の訪問が終わった後、芹生さんは私にこうおっしゃいました。

「営業の最初と最後で相手の表情が全然違うやろ。最初は初対面だから相手の表情も硬かったけど、最後俺ら見送るときのあの満面の笑み見た?あれを木口屋には見てもらいたかった」

確かにその通りでした。

芹生さんの親しみやすい雰囲気や正直で誠実な人柄が話しているうちに相手の警戒心や緊張を徐々に解きほぐした結果、最後にはお互い雑談も交わすほどに打ち解け合い、一緒にやっていきましょうというレベルの信頼度を勝ち取ったのです。

ゆっくりとしかし確実にラポールが築かれていくのを目の当たりにした時間でした。

ラポールとは…相手と心が通じ合い、互いに信頼し、受け入れている状態のことであり、恋愛、ビジネスなどを含めあらゆる人間関係を築く上で重要なスキルである。

芹生さんの営業スタイルはきわめて真っ当なものでした。

一切ごまかすことなく、自分たちができることできないことを正直に話し、この部分が御社はまだ不十分だという箇所を指摘した上でその改善策を伝えられていました。

自身が持つ情報を一切出し惜しみすることなく、相手のためを思って話す姿勢はとても勉強になりました。

2日間黒田さんと芹生さんに同行させてもらい、色んな方々とお会いしました。

態度や話し方まで全然違う人ばかりでしたが、一つだけ共通していることがありました。

それは皆さんフランクだったということです。初対面の相手に対して、非常に気さくに話しかけてくださる方ばかりでした。

それとは対照的に私の場合はと言うと、初対面の方といきなり打ち解けて談笑するということはまず考えられないです。やはり意識せずとも硬くなってしまいます。この部分は本当に改善すべきところだと痛感しました。

芹生さん曰く、

硬いと本音で話すことができないので、本当に相手がどう思っているのかがわからず、互いに腹の探り合いになり、時間が余計にかかってしまうが、最初からフランクに本音で話せば、そういった余分な時間を省くことができ、より早く信頼関係も築きやすいので、できる人は皆フランクとのことでした。

本当にその通りだと思いました。

イエスマン

スクリーンショット (3)
話はややそれますが、芹生さんからイエスマンという映画を観ることを勧められました。

木口屋はノーマンになってるから、一回イエスマン見てみと言われました。

ここで言うイエスマンとは…『イエスマン “YES”は人生のパスワード』というタイトルの映画のことであり、2008年にアメリカで製作されたコメディ映画である。監督はペイトン・リード。主演はジム・キャリー。この映画は2005年にイギリス人のダニー・ウォレスが自身の経験を元に執筆したYes Manという本に基づいている。(wikipediaより引用)

この映画のあらすじを簡単に説明すると、3年前に離婚してからというもの、すっかり消極的でネガティブになってしまい、友人からの誘いや頼まれごとなどに対してすべてNOと言っていた主人公があることをきっかけにあらゆることに対してすべてYESと答える誓いを立てさせられてしまいます。それ以来彼の生活は一変し、かなりハチャメチャな日々を送ることになりますが、銀行重役にまで出世したり、素敵な女性との出会いがあったり、仕事もプライベートも以前より確実に充実したものになっていきます。しかし、自分の気持ちを偽ってYESと言ってしまったことが原因で恋人との仲に亀裂が…という感じです。

やってもいないのに、最初から否定的にならずにまずは挑戦してみようかなという前向きな気持ちにさせてくれる映画です。コメディ映画なので笑える部分も大いにあり、おすすめです!

私は根っからのめんどくさがりでサボりなため、友人や家族からの誘いや頼まれごとをついつい断ってしまうことが多いです。なので、この映画の主人公とカブる部分もありました。

しかし、NOからは何も始まりません。YESと言えば、新たな出会いや発見、思いがけず有意義な経験ができる可能性があります。もちろんYESと言ったばかりに面倒ごとに巻き込まれることもありますが(笑)

そういったリスクを差し引いてもYESという価値は十分にあると思います。

だからこそ私は東京出張以来、YESかNOかと選択を迫られたときはリスク覚悟の上でとりあえずYESを選択することにしています。普段NOと言っていたことに対してYESを連発するのはやってみると意外に面白かったりします(笑)

なので、このブログを読んで下さっている方でノーマン、ノーガールになりがちの方は是非一度イエスマンを見てみてください!きっと価値観が変わると思います!

食べ歩き

最後はオマケです。

3日目は自由行動だったので、せっかく東京に来たからには何か美味しいご当地グルメを食べて帰りたいと思い、1日中商店街を食べ歩きしました。

行った商店街ですが、戸越銀座商店街と谷中銀座商店街に行ってまいりました。興味がある方は調べてみてください。

以下に食べたものを一部ですがはっていきます。

スクリーンショット (4)

これは戸越銀座商店街で食べたおでんコロッケです。中には大根やちくわなどおでんの具材が入っていました(笑)

スクリーンショット (5)

こちらも戸越銀座商店街で食べたお好みたい焼きです。中にはキャベツとソースなどお好み焼きの具材が入っていて、見た目以外は普通のお好み焼きと同じでしたw

スクリーンショット (6)

最後にこちらは谷中銀座商店街で食べたメンチカツです。肉汁がすごくジューシーでした。かなり有名な店だったらしく、芸能人のサインがたくさん飾ってありました。
これら以外にも、もっとたくさんいろんなものを食べましたし、たまたまやっていたお祭りにも行きました。

以上で東京出張についてのブログは終わりになりますが、黒田さん、芹生さん本当にありがとうございました!

学生のうちから実際に訪問営業に同行できる機会ってなかなかないと思いますし、自分にとっても良い刺激になり、非常に貴重な経験ができました。

なので、営業チームの方は単月でR@3件獲得の条件を1日でも早くクリアして是非東京に行ってみてください!

営業インターンに来ようか悩まれている方は未来電子の営業チームにはこんなに素晴らしい制度があるので、是非前向きに考えてみていただけたらと思います。

終わります。ありがとうございました。

あなたの清きコメントもお待ちしております!

この記事を書いた人
木口屋 遼介
木口屋 遼介

メディアチームインターン

この人が書いた記事を見る≫
Copyright MIRAIDENSHI,Inc All Right Reserved.