関西の長期インターン実績NO.1の未来電子テクノロジー

HOME > BLOG > 考えずに努力だけしていれば一流になれる訳が無い。

こんにちは。       未来電子インターンの角谷です。

 

 

今日は最近の自分が陥っている状況について書きたいと思います。

 

 

◎何かで一流になりたいのか、全て二流のままが良いのか

 

僕は今、来年の就職に向けて、今の自分に出来る事の全てをやりたいと思い様々な事に取り組んでいます。

 

 

未来電子のインターンもそうですし、もう1つ別の講座運営のインターン、滋賀県名産品の訪問営業、光回線の営業、等々・・・・

 

 

そこには、色々な考え方を持った人が居て、凄く貴重な経験をさせて頂いております。

 

 

また、僕自身毎日非常に充実しており

楽しく過ごしております。

 

 

ただ、一つ問題点があります。

 

 

全て「二流」なんです。

 

 

どれ一つとして、「一流」と呼べるものは有りません。

 

 

一度に色々な事に手を付け過ぎて

結局は何も完璧にする事は出来ていないのです。

 

 

高い目標を立てたとしても

実際にそれをやり遂げる時間が無く、結果にコミット出来ていない。

 

 

勿論、色々な経験をする事でそこから学べる事も多数あります。

 

 

実際僕も、今凄い良い経験が出来ていると

実感しております。

 

 

ただ、どれもある一定の所までしか到達出来ず

学べる事も「ある程度の事」しか学べないのです。

 

 

「それって意味あるのかな?」

 

 

あんまり無いですよね。

 

 

誰でもすぐに身に付けれる事しか身に付けれず

誰でも出せる価値しか出せない二流人間にしかなれないのです。

 

 

だったら、まずは何か一つの事にコミットし続け

そこで圧倒的な成果を出し、自分の限界を超えたところで

自分にしか出せない価値を出せる様になる。

 

 

そうするべきだ。

 

 

 

それが出来る様になれば、また別の事を始めたり

色々な経験を積んでいったらいいと思います。

 

 

 

今まで「一流」か「二流」かみたいな話をして来ましたが

僕が思う一流になるか二流になるかの大きな違いは

 

 

「高い目標設定をし、何が何でもその目標を達成する事」

だと思います。

 

 

なので、今の僕が陥っている状況では

どれに関しても一流になる事は到底出来ないんですね。

 

 

なので、先ずは今している事をしっかりと考え

今の自分には何が一番必要で、その目標を達成する為には

何を優先して、どう取り組んでいかないといけないのか

 

 

これをしっかりと考えて今後の活動に反映していきたいと思います。

 

 

今日はこの辺で失礼致します。

有難うございました。

角谷

あなたの清きコメントもお待ちしております!

この記事を書いた人
角谷 康記
角谷 康記

メディアチームインターン

この人が書いた記事を見る≫
Copyright MIRAIDENSHI,Inc All Right Reserved.