関西の長期インターン実績NO.1の未来電子テクノロジー

HOME > BLOG > インターン1周年を迎えた僕がこれまでの営業経験を語る。

こんにちは。

メディアチームのかやです!

最近、未来電子の人事チームのブランディング力がついてきて メディアチームのインターン生も増えてきました!

たくさんの学生たちが営業力を身につけるためにやってきます。

最近では僕もよく 「実際に営業してみてどんな感じ?」 っていう質問を会った学生にけっこう受けます。

インターン生の生の声を聞きたいって方が多いので、

今回は先月でインターンで営業して1年経ちました 僕の未来電子での営業の1年を振り返りつつ、

今後入ってくるメディアチームの学生の参考になるような僕の営業話を書こうかなと思います。

始めたきっかけは?

まず、営業始めたきっかけからです。

実は僕はインターンを始めた当時は未来電子が営業をする会社だと知らずに入りました。

知り合いの紹介で何となく入社したんですが、

hpを見て面白そう!かっこいい!!っていうだけで入った僕は営業やるって知った瞬間はすぐに辞めようと考えてました。笑

単純に当時の僕は営業に対して良いイメージを持っていなかった。

 

それでも当時に営業続けようって思った理由は「悔しさ」だったんですね。

僕の昔の記事でも書いたんですが、

僕は初の出社日で常務にボロクソ怒られ、

当時好きだった子にもフラれて、

1日でダブルパンチを喰らいました。笑

その日の帰りはもうどん底に落ちた気分だったんですけど、

なぜか段々と悔しさが湧いてきたんですね。

フラれたのは常務のせいだ! 絶対に営業で結果残して見返してやる!! っていう復讐心に火が付き、

そこから営業にのめり込んでいきましたね。

(※フラれたのは僕のせいです。)

 

動機がこんなんなだけに 現段階から営業力を鍛えたいって入ってくる学生さんを僕は本当に凄いと思います。

実際に営業してみてどうだったか?

実際に営業やるって決めてからはかなり本気で取り組んでました。

やるからには本気。 当時の僕は失うものなど無かったですから。

 

でも、未来電子の営業めちゃむずいんですよ。w

最初の三ヶ月はアポイント0!

当時は完全に成果報酬型だったので、

バイトしながらやってました。

やっと、初めて取れたアポもすぐキャンセルになって常務の芹生さんからはかなり怒られたのを覚えてます。笑

取れない時は地獄!

数字がその人の価値を決めてしまうので、 アポ0の月の僕の価値は0でした。

 

ただ、辞めなかったのは一緒に頑張ってた尊敬できる先輩たちへの憧れであったり、

芹生さんを見返すっていう目標があったからですね。w

実際やってるときは部活のような感覚ですし、 数字が上がれば自分の成長も見えたのでやりがいも凄くありました。

取れるようになれば稼げますしね!

なぜ今も営業を継続できるのか?

1年経った今も営業ばりばりやってます!

よく飽きないの?なんて言われるんですけどもw

飽きてる場合ではないんですよ!!

 

僕は決して営業マンになることをゴールとしてはいません。

僕が現在営業を続けてる理由は別にあります。

なぜ続けているかというと、

今後どんな仕事をする。 例えば、 極端な話で画家になるとか、歌手になるとか何を目指すにしろ営業力は必要になってくるからです。

自分の作った物、もしくは自分がいくら技術を持っていようが、 それらを売り込む力が無ければ生きていけないです。   僕は営業力を一つのツールとして考えています。 この武器を持っていないと今後のステージで活躍できません!   現状1年経った今でも僕は営業力がまだまだ足りてません。

今後の仕事に活かすためにもまだ満足してはいけないと思ってます。

未来電子の営業のレベルは?

これからどんなものでも売れる営業力を身につけたいと思っているあなた!

未来電子での営業はハードですよ!

消費者相手のB to Cではなく、企業相手のB to B  の営業。

つまり、営業相手が全員社長さんということです。

社長さん相手に営業できたらそりゃ、営業力つきます。

はっきり言って、レベルとしてはかなり高い営業になってるので、

既にどこかの組織で営業経験ある方とか、興味ある方は是非力試しに来てください。

 

ぶったまげます。

もちろん、営業初心者の方でも気合いとガッツがあれば活躍できます!

実質、今いるインターン生は全員営業初心者ですが、

三ヶ月で社員さんと同じくらい取る学生がゴロゴロいます。

是非、一緒に上目指していきましょう!!

さいごに。

今回は僕の営業1年をざっくりと書きましたが、

話そうと思えばまだまだたくさん出てきます。

営業しながらどの学生も自分で考えて、悩んで、工夫して、 皆それぞれのストーリーがあるので一緒にやっていて楽しいです。

また、ここでしか鍛えれない営業力 は自分にとっての一生モノの武器になると断言できます。

自分の魅力を最大限に伝えるこの力。 あなたも欲しくは有りませんか?

僕はまだ手にしてません!

一緒にこの何でも売れる営業力に挑戦したい方は是非!

待ってます!!

あなたの清きコメントもお待ちしております!

,

この記事を書いた人
加屋 陽士
加屋 陽士

メディアチームインターン

この人が書いた記事を見る≫
Copyright MIRAIDENSHI,Inc All Right Reserved.