関西の長期インターン実績NO.1の未来電子テクノロジー

HOME > BLOG > 初心者はまず、素直になろう。

こんにちは!
お世話になっております。カヤです。

先日、小学校からの友達がある会社の営業で新人ぶっちぎりのトップになったっていう話を聞きました。
彼がトップになるために行った事とは社長と仲良くなって、
社長が教えてくれたことを素直に聞いて実践してみただけ。
それだけで、入社三ヶ月足らずで二年後の海外展開予定の店舗責任者を任されるぐらいまでになったそうな。笑
凄いですよね!

彼の話の中で一番のポイントだったのは「社長から教えてもらった事を素直に実践した。」ということです。
これができるか、できないかで仕事の成果も変わってきます。
今回は僕の友人の話を元に、今すぐ成果を出したい人のために素直さの重要性について語っていきたいと思います。

なぜ仕事で成果を出すためには素直さが大切なのか。

なぜ、素直になることが必要か。
理由はたくさんありますが、
一番の理由は僕は「自分がしょぼしょぼ」だからだと思います。

未来電子のインターンで例を出してみます。
うちのインターンで初めて営業を経験する人を観察していると二種類に分かれます。
「成果を速攻で出してくる人」と「いつまで経っても成果が出ない人」

前者と後者の違いは何でしょう?
センス?知識?学歴?
全部違います。

違いは「自分が激しょぼであることを理解し、素直に助言を聞き入れられるかどうか。」です。

成長速度の早い学生は自分のしょぼいプライドを捨て、
貪欲に取れる先輩や社員さんのアドバイスをどんどん吸収していきます。
結果、かなり早いスピードで成果を挙げる事ができます。

一方、なかなか成果が出ない人は素直にアドバイスを受け入れられない人が多いです。
プライドが邪魔をしているんでしょうね。

自分がその業界の素人であるならば、
まずはプライドを捨てて素直にできる人のアドバイスをそのまま受け入れて実践してみることです。

あなたが仕事で成果を早く出したいならこの素直さが重要であることを知っておくべきです。

誰のアドバイスでも素直に聞けばいいのか。

でも、それなら誰の話でもうんうん聞けば成果が出るのか。
と言われるとそういうことでもないです。笑

ここで重要なのは、仕事ができるの人のアドバイスをもらうことです。
できない人のアドバイスをもらっても成果には繋がりません。

アドバイスを貰う相手を見極める方法としては、
素人段階の自分と比べて技術の差が圧倒的にあるかどうか。

数字を圧倒的にたたいてるかどうかです。

できる人たちは大概、自分の中に感覚値として経験が溜まっています。
そういう人たちのアドバイスを素直に聞き入れましょう。

これが成果を出す近道です。

まぁ、どんな業界でも入ってすぐは周りはほぼ先輩ばかりのはずですから、
どんどん質問して吸収していきましょう。笑

最後に

今回なぜ、この話に至ったかなんですけど
実は僕も最近は「自分がしょぼしょぼであることを認めて素直になる。」ってことを忘れていたなと思ったんです。

シルバーウィーク中にプログラミングしてたんですけど、
なかなか、進まなかったんです。
プログラミング最強の師匠が近くにいてもです笑

そんな時に冒頭で話した友人の話を聞いて、
自分には以前の素直さが乏しくなってきているな〜って感じたんですね。笑

なんか、変にプライドがあるというか、
勘違いしちゃってたというか。

それを無意識にやっちゃってたから更にまずい!!

どんな環境にあるにしろ
素直に聞き入れる。

もし、自分が圧倒的に仕事ができるのであれば別ですけど。
もし、自分がまだその域に達していない、感覚値として掴めてないなら、
できる人の意見を徹底的に取り入れて、
逆に自分の余計な考えを全て捨てましょう!!

さすれば道は開けます。絶対に。笑

あざした!

あなたの清きコメントもお待ちしております!

,

この記事を書いた人
加屋 陽士
加屋 陽士

メディアチームインターン

この人が書いた記事を見る≫
Copyright MIRAIDENSHI,Inc All Right Reserved.