関西の長期インターン実績NO.1の未来電子テクノロジー

HOME > BLOG > 「未来電子のインターンと他社のインターンの違いは何か!?」

どーも、近大3回の加屋です。

今回のテーマはズバリこれ!

「未来電子のインターンと他社のインターンの違いは何か!?」

です!

いきなりですけど、

この質問の答えを自分なりに持っておくのは今後の人事の仕事の上でもかなり重要だなと思いました。

そもそも自分って何でこんなに続いてるんだろう?

なぜ、夏休み毎日営業に没頭してるんだろう?

なぜ、同年代の仲間はあそこまで自分を追い込んで頑張れるんだろう?

これは他インターンには無い魅力があるからに違いない!!

こんな風に考えてたらいくつか思いついたのでこれを書いていく事にします。

(あ、これは全部僕個人だけの視点です。笑)

未来電子のインターンは長期!

はい。まずはこれです。

インターン期間の長さですね。

おそらく、インターシップという言葉を聞くと23日、45日くらいの期間が一般的ではないのかと。

(僕は長期しか行った事無いので短気には詳しくないです。。。)

ちなみに未来電子は最低半年、週3日、15時間。

けっこうハードですよね。()

なぜ、未来電子のインターンは長期なのか?

僕なりの答えは未来電子が学生に求めているものが他社とは違う点にあるからだと思います。

未来電子視点での学生獲得の狙いはズバリ、

男前、女前な学生を多く輩出していきたい。

これに尽きるんですよね。

卒業していった先輩のほとんど(90%くらい?)が実は未来電子には就職していません。

某大手総合商社、外資の保険会社、メガベンチャー、

皆さんそれぞれの大舞台で新卒で好成績をおさめてらっしゃいます。

普通、ここまでの優秀な人材が集まるのであれば企業側も欲しいところですよね笑

しかし、弊社の代表の考え方は違います。

より多くの優秀な学生を未来電子に入れたいのではなく、

より多くの優秀な人材を未来電子から輩出していきたい。

ここが他インターンとの大きな違いではないのかと僕は考えています。

男前、女前になるためには生易しい環境では育ちません。

圧倒的実務経験を学生のときからコツコツと自分の中に積んでいき、

自分の魅力を最大化させていかないと先輩らにはいつまで経っても追いつけないのです。

例えばなんですけど、

素人学生が営業力をたった3日、4日で身につけることが可能でしょうか?

数日で何でも作れるプログラマーになれるでしょうか?

おそらく無理ですよね。

てか、無理!無理!!無理!!!()

絶対に無理!!

コツコツと地道に経験を積むからこそ、

他の学生には無い、圧倒的な魅力を持った人材に成長できるわけですね。

だからこそ、未来電子では最低半年間という期間を設けて、

魅力的な学生の輩出に力を注いでいるんですね!

自由。

これはまさしくそう。

自由です。

営業、プログラミング、ライティング、英語、

自分のスキルを伸ばすための武器を手に入れる環境はかなり整っています。

ただ、やれという強制は全くありません。

自分で考えて判断して始めれるだけの自由な環境があります。

やるという選択も、

やらないという選択も、

考えるという選択も、

考えないという選択も、

全て自由です!

自分が生きるか死ぬかの選択が自由にできる良い環境なので、

こんな環境のあるインターンは他とは違った点ではないかと思います。

教えない。

これは他のインターンと大きな違いです。

未来電子では基本的には「教える」をしません。

これは他インターンとの違いというよりかは、

アルバイトや学校と企業で働くことの違いと言った方が良いのかもしれません。

アルバイトや学校はある程度の教育環境が整っています。

学校では教科書も教師もいるし、

バイトでは研修等も少なからずある。

未来電子のインターンでも研修はありますが、

ほぼ一人で取り組んでもらいます。

これはなぜか?

自己解決能力を身につけるためです。

誰かに聞けば解決できる。

わからなければ誰かが教えてくれる。

先生が答えを知ってる。

これらは学生のうちなら許されること。

ですが、一度社会に出るとわからない事だらけです。

答えがあるものを扱うとも限らない。

まだ学生の僕が偉そうに言う事ではないのかもしれませんが

あえて、言います。

考えないやつはいらない。

これは弊社の代表の言葉ですが、

僕は未来電子でインターンしていてつくづく共感できます。

営業でも、プログラミングでもそうですが、

基本誰も教えてくれない。

わからないことがあれば自分で調べて、

自分で考えて答えをひねり出す。

こうして得た知識や経験は自分の資産としてどんどん蓄積されていきます。

与えられてインプットしたものよりも、

自分で考えて得た知識や経験の方が必要なスキルを得るための近道なんです。

だから、うちではあえて教えない。育てない。

勝手に育つ。

最初はきついけど、

考える癖がつけば大丈夫。

そうやって幾度も難関を自力で乗り越えてきた先輩らだからこそ。

学生のうちに大きな成果を残していく先輩らが多いわけですね。

教えてくれないインターン。(笑)

僕はこれも他との大きな違いであると思います。

まとめ。

どうでしたか?

今回はかなり身内のネタでしたが、

僕らが日々取り組んでるインターンと他インターンの違いを述べてみました。

実際にやっていることはhp等を見ていただければと思います。

今回は違いだけ!

もっとたくさんあるので気になる方は是非、

僕の方にどしどし質問してください。

僕自身も一緒に切磋琢磨し合える学生を探してます!

年齢は関係無し!

圧倒的な成長をしたい人。

今の自分に危機感を抱いている人。

周りと差をつけたい人。

お待ちしてます。

以上で今回は終わりです〜

あざした!!!

追記

インターンに悩まれている方向けにLINE@を開設しました。
大手もベンチャーも経験した人事担当者がみなさんの疑問に答えてくれます。
インターン、就活について聞きたいことがある方は以下のボタンをクリックして質問してみてください。
LINEat_logotype_Green

あなたの清きコメントもお待ちしております!

, ,

この記事を書いた人
加屋 陽士
加屋 陽士

メディアチームインターン

この人が書いた記事を見る≫
Copyright MIRAIDENSHI,Inc All Right Reserved.