関西の長期インターン実績NO.1の未来電子テクノロジー

HOME > BLOG > 才能がない特技もない、そんなあなたへ

こんにちは、インターンの小野です。

まず最初に努力と才能どっちが大切だと思いますか?

もちろんどちらも大切だとは思いますが

例えばA君とB君が同じ成果を出していても、

A君は20%の力でその結果を出していて、B君は70%の力でその成果を出していたとしたら、その後の伸びしろはA君のほうが大きいですよね。

この場合A君の努力は才能の部分で補完されていますね。

ただA君に「努力する」ということが出来なければ、B君が勝つことができます。

「本気で努力できる」のもまた才能ですね。

生まれ持った能力値とこれまでやってきたことと今の全力度(追い込み)で自分の今の力が決まります。

なので自分が向いていること、得意なこと、好きなことを探すのって大事ですよね。

その分野だと自分が有利に進められますし。

ただ自分に才能が感じられなくて何も得意な事がない、好きなこともない場合どうすればいいのか?

それについて今回書いてみます。

努力と才能

IMAG2145 (1)
まずはこの方の紹介から。
関西大学3回生の平野くんです。

この人は僕と同じ時期にメディアチームに入り、最初から成果を出し、今もインターンの中で不動の1位。
センスの塊でさらに努力も惜しまないという無敵の先輩です。

ちなみに平野くんは今月社員さんと変わらないほどの契約をとり、普通の大学生ではありえないくらいとんでもなく稼いでいるので、みなさんご飯に連れていってもらいましょう。

平野くんはトークに関してものすごいセンスがあります。

声の質、間のとり方などものすごいレベルが高いです。

ただ、彼は最初からこの才能に気付いていたのでしょうか?

自分の才能とは

自分には才能がない・・

と思っている多くの人は実は自分の才能、価値に気付いていないだけだと思います。

例えば平野くんの場合このインターンに来なければ、

コミュニケーション能力が高い、面白い、優しい(女の子限定)、サッカーうまい、顔が長い etc..

のただのイケイケの大学生だったのだと思います。

平野くんの場合未来電子のインターンに来て、営業をしなければトークの才能を知ることはなかったのでしょう。

隠れている才能に気付くために

これは簡単です。

自分が一番苦手、合わないと思うことをやってみる

だと思います。

平野くんの場合でも、遊ぶことが大好きな大学生で、今まで絶対にやってこなかった分野に挑戦したことで才能に気付いたのだと思います。

自分がこれまでしたことがない事をすることで新たな気づき発見があります。

その過程で自分の今まで知らなかった一面が出てきて才能に気づくということができるはずです。

普段自分が出来るだけ避けようとしてきたことならなおさらです。

今才能がない、長所がないと思っているのであればぜひ一度これまでやらなかったこと、苦手なことにチャレンジしてみてください。

あなた自身が知らなかった才能が開花するかもしれません

ありがとうございました。

あなたの清きコメントもお待ちしております!

, , ,

この記事を書いた人
小野 晶輝
小野 晶輝

この人が書いた記事を見る≫
Copyright MIRAIDENSHI,Inc All Right Reserved.