関西の長期インターン実績NO.1の未来電子テクノロジー

HOME > BLOG > スランプから抜け出せない貴方に贈る、奇跡の気づき3選

スランプ

 

 

どーも、ご無沙汰しております。

 

テスト前で死にかけている加屋です(泣)

 

死にかけているといえば、

 

僕はここ数ヶ月間営業の方の成績が伸びず、

死にかけていたと言うよりかは死んでました。(笑)

 

アポイント数が同期のやつには圧倒的差で負け、

挙げ句の果てには後輩にまで大差をつけられてしまうという。。。

 

数字の管理ができていなかったとか、

 

食生活が乱れ不健康であったとか、

 

言い訳は多々あります。

 

 

こんな言い訳だらけの日々をぶち壊すために、

僕は周りの人にいろいろアドバイスを頂きました。

 

そのアドバイスから得た気づきが僕の中では神がかっていたので今回はそれらをご紹介したいです。

 

• 今現在、スランプに陥っている方。

 

• 昔は上手く言っていたのに今上手く言っていない人。

 

• 負けても悔しいと思わなくなった人。

 

• 何だか毎日面白くない人。

 

• 忙しいと思い込んでしまっている。

 

これが一つでも当てはまるそこのあなた!

 

是非、これから紹介する僕を救った3つの気づきを参考にして欲しいです。

ちなみに、上のやつ全部数日前の僕なんですけどね。(笑)

では、スタートしましょうか!

本質だけを追え。

本質

一発目はある一冊の本との出会いです。

死にかけていた頃の僕は神にもすがるような思いで、

 

毎晩、テンションを保つためのブログの記事であったり、

 

思想系の本を読みあさっていました。

そこで出会った本がこちら


シンプルに考える
元LINEの社長森川さんの本ですね!

どんな本か詳しく知りたい方は、

弊社の黒田さんの記事を読んでください ↓
「シンプルを考える」を読んで改めて意識したいと思った3つの内容

 

この本の詳しい内容を説明するのは本題とズレてしますので今回は書きません。

僕がこの本から得た一番の気づきは、

 

「いつどんな時でも本質だけを見て追い続けろ。」

 

ってことです。

本書では、

 

• ライバルはいらない。

 

• 戦わない。

 

• 計画はいらない

 

etc、、、

と、普通に聞いたら

 

えっ!?

 

となるような内容ばかりを紹介してるんですね。(笑)

でも、森川さんの考え方はシンプルで、

 

ようは本質にいかに早く近づけるかしか考えてないのです。

 

企業の本質で言うと、

 

ユーザーが求めている商品をユーザーに届ける事。

つまり、競う相手を意識する事や、

勝ち負けにこだわるなどといった行為は本質からズレてしまうので、

意味が無いのです。

 

 

僕の例に話を戻すと、

 

• 僕の場合も営業ではいかにお客様に対して安心感という価値を提供できるか。

 

• どれだけアポを稼ぎ、未来電子の売り上げに貢献できるか。

 

こういった部分が僕が見なければいけなかった営業の本質だと思うのです。

ですが、以前の僕は同期の子や後輩を意識するあまり、

 

こういった本質を見失っていてどうやって彼らに勝つことしか脳にありませんでした。

最終的には何も感じなくなって思考停止状態。

 

本質に近づくためにはライバルも勝ち負けも必要ない!

 

実際にお客様にとっては僕の勝ち負けや感情なんて全くを持って無意味ですからね!

 

この本質を追い続ける事が結果的にLINEのように突き抜けた企業になるための条件ということですね。

まさに逆説理論!

 

ウォンツのパラドックスや!!

 

本質だけを見て目の前の事に集中する。

 

良い本に出会えて、良い気づきをしました。

 

是非、読んでみてください。

普段会わない自分を良く知る人に会う。

 

普段会わない自分を良く知る人に会う。

 

これは行き詰まった時に本当に有効だなと。

僕の場合で言うと父でした。

 

6月から実家を離れ、

現在は会社の社宅(旧オフィス)に住んでいる僕です。

そんな、僕が最近久々に実家に帰り父にスランプであることを相談したんですが、

 

その時、父に貰った言葉が神がかっていました。

 

「おまえ最近、失敗してへんのちゃうか?」

 

「ザッツライッ!!」

僕の中で衝撃が走りました。

 

未来電子に入った当時はなりふり構わず、

何でもつっこんでいって失敗しまくってました。

 

ですが、最近ちょっと経験も積んできた事により考えることはするようになりましたが、

 

それを試して失敗するということがあまりにも少なくなっていました。

「失敗しまくってでも挑戦しまくるおまえやから、今未来電子の人もおまえにいろいろさしてくれてるんやないんか?」

 

まさに、ジャストミート。

ハングリーさ、追い込み力、愚直さ。

 

自分の長所である部分を父の言葉で思い出した僕です。

 

こんな当たり前のような事も自分ではわからなくなっている事が多いです。

 

普段同じ人と接している人は余計に。

もし、あなたもなかなかスランプから抜け出せない時は

 

一度、普段会わないような自分を良く知る人物に相談してみてはどうでしょう。

親とか、昔の親友とか。

 

当たり前の事を当たり前にできなくなっている自分に気づくかもしれませんよ。

 

原点に返って、ワクワクを取り戻せ!

mdna_seriu_s4

 

これまた、スランプ状態の時はかなり有効です。

この説明に入る前にまずはこちらを。
大学生×未来電子=宗教?

僕の未来電子の原点が記載された記事です。

とっても長いので、

芹生さんが登場するとこだけ参考にしていただければ幸いです。(笑)

 

僕の当初の未来電子で営業をしているモチベーションは、

先ほどの記事で登場する芹生常務を営業で見返してやるというものでした。

 

しかし、時は経ち

芹生さんは東京支社に転勤され、

次第に僕の中でもそういった感情も薄れていきます。。。

 

 

 

ところが最近。

幸運にも大阪に戻ってこられた芹生さんと話す機会がありました。

 

そこで、人事の指導やら最近の調子悪い話やらいろいろアドバイスを頂きまして、

その中で頂いた一言が僕の中で神がかっていたのです。

 

それは、

「何を勘違いしてるんか知らんけど、おまえはめっちゃしょぼいで。」

でした。

 

「キター!!」

「待ってたぜ!!!」

 

心の中で叫びました。

 

さすが、芹生さん。

あっという間に僕を燃え上がらせてくれました。

 

インターン初めて間もない頃の追いつめられるヒヤヒヤ感や、

謎の燃え上がる感じがとても懐かしく、

自分にとっては何だか懐かしくて嬉しくなりました。(笑)

 

当時の周りと切磋琢磨していた自分と、

数をこなしていくたびに実感値としてある成長度から来るワクワクを取り戻せた気がして、

その日の帰りはかなり喜びました。

 

 

なので、僕がここで言いたかった事は、

今自分が仕事で上手く行っていないときは

自分の原点に返って自分が何にワクワクしていたのかを思い出す作業をしてみよう!

ってことです。

 

僕は今回芹生さんとの対談で自分のモチベーションの源を再確認できたのでとても良かったです。

 

まとめ

スランプの出口となったのは全て人でした。

本にしても、親にしても、上司にしても。

 

いろいろ、実体験を元に気づきを紹介してきましたが、

結局はいかに、自分の周りに信頼を置ける人物がいるかどうかだと思います。

 

それはただの友人とかではなく、

同じ痛みや苦しみを知っている人間。

もしくは、

この人なら裏切られても良いと思えるような人。

 

僕は今回の件で、

こういった人たちとの関係性をもっと大切にするべきと感じたのと同時に、

こういう人間関係を今後多く作っていかなければと思いました。

 

なので、無関心だからとか人見知りだからとかで機会損失してる自分がちょいともったいないなとも思えましたね。

 

ちょっとずつ改善します。

 

最後ですが、

今回の僕の気づきが今スランプ状態である人の参考になればと思います。

 

こんな偉そうなこと言ってますが、

他力本願ではなく、自分でも解決できる策を考えないといけないですけどね。

 

あざした!

あなたの清きコメントもお待ちしております!

,

この記事を書いた人
加屋 陽士
加屋 陽士

メディアチームインターン

この人が書いた記事を見る≫
Copyright MIRAIDENSHI,Inc All Right Reserved.