関西の長期インターン実績NO.1の未来電子テクノロジー

HOME > BLOG > 人に質問をする際に意識するポイント

こんにちは、インターンの小野です。

先日社内である方の特別講座を聞いていて「質問力」の大切さに気付かされました。

話すのがうまい人は聞き上手だとよく言われているのを聞きます。

ただ、そもそも上手く質問をできないと相手の気持ちは聞けません。

自分は「質問力」が全くないので、質問をする際の心がけというものを聞きました。

質問の種類

まず、質問には大きく分けて二種類あることは知っていますか?

クローズド・クエスチョン

質問方法の代表的な分類。相手が「はい、いいえ」または「AかBか」の択一で答えられるような、回答範囲を限定した質問の仕方をクローズドクエスチョンという


Q 現在スポーツとかってやってますか?
A YES or NO

すごく答えやすいが会話が広がりにくい

 

オープン・クエスチョン

れに対し、「どう思うか?」などのように、制約を設けず相手に自由に答えさせるような質問のしかたをオープンクエスチョンという。


Q スポーツやっている人の事ってどうおもいますか?
A 私は〜思います

考えて答えなければいけないが、会話が広がりやすい

引用
ナビゲート ビジネス基本用語集の解説-クローズド・クエスチョン/オープン・クエスチョン

質問テクニック

相手との関係性を作る

会話を上手く発展させていくには、上記の2つの質問を上手く使っていく必要があります。

まず、初対面などで相手との距離が遠い場合クローズドクエスチョンを使い、相手に返事をしてもらう事が必要になります。

返事をしてくれない人とは会話になりませんからね。

この返事の積み重ねがその人との距離を縮めてくれます。


Q 出身地はどこなん?
A 大阪やで!
Q それやったらやっぱりたこ焼き好きなん?笑
A いや、別にすきちゃうけど笑

相手の話を聞こう

クローズドクエスチョンだけで質問していると、自分が常に質問している状態になり、尋問みたいになります。笑

これって対話してませんよね。一人で喋ってるのと同じです。

なのでオープンクエスチョンを使い、相手の思いや考えを引き出して上げる事が必要になります。

これをしてやっと相手と話せている状態になります


Q 大阪ってめっちゃ運転荒いイメージあるけど、実際どうなん?
A うん、めっちゃ荒いと思うわ、そういえばこの間〜

大体どんな質問が返ってくるかをイメージして質問する

もしこちらに話したい内容などがあるとします。

そうするとその内容に話を持っていかなければいけません。

ここで重要となってくるのが相手の返答を大体イメージして質問することです。

これができれば、会話を思っている方向へもっていくことができます。


・海に関する会話をしたい
Q 最近暑いよな〜(同意されるだろうな)
A 暑くなってきたな!
Q 夏らしい事したいな〜(海とか祭りとか定番の答えくるかな)
A やっぱり夏といえば海かな!

自分は全然出来ないので上手く例が作れていません。笑
正直友達とかの会話でこんな事考えながら喋ることはないとは思いますが。笑

答えにくい質問をしていないかを考える

ふんわりとした質問をすると、返ってくる回答もふんわりしています。

しかし逆に細かく限定することで、返ってくる回答もかなり限定された答えになります。


・ふんわり
Q このアーティストどう思う??
A あ、うん、格好いいな!!

・限定
Q このアーティストボーカルとギターがめっちゃ上手いと思うんやけど、どう思う?
A あ、確かに!ギターはわからへんけど、ボーカルの人はめっちゃ上手いと思う!

おわりに

今回の質問のテクニックなど自分は全然できません。

なので人との会話も盛り上がりません。笑

上記が全て出来る人の会話を意識して聞いてみると、人と仲良くなるためにも質問力は本当に大事だと感じます。

みなさんも普段から質問するときに少し意識してみましょう!

ありがとうございました。

あなたの清きコメントもお待ちしております!

この記事を書いた人
小野 晶輝
小野 晶輝

この人が書いた記事を見る≫
Copyright MIRAIDENSHI,Inc All Right Reserved.