2015.6.26

忙しいあなたへ送る、優先順位と緊急性のお話。


皆さんこんにちは!

最近はどうお過ごしですか?

 

近大三回の加屋です。

 

僕の方では環境が少しずつ変わりつつあってアタフタする毎日が続いています。

 

というのも、つい最近のことですが人事担当になりまして、インターン生の面談をさせていただける事になりました。

僕自身としては、新しい役職にわくわくしながらもできるかの不安と戦ってます。(笑)

 

やりたいことがたくさん!

 

営業、プログラミング、人事、薦められた本、、、

 

でも、やななければいけないことも同じくらい。。。

 

学校、食事、生活、生きる、、、

 

いったい何から手を付ければ良いんだ、、、

 

やってることは違えど、こういったことを思うことって少なからずとも皆さんにもあるんじゃないでしょうか。

 

増え続けるタスクの優先順位を間違えるとあとからどえらい事になります。

僕のようにね(笑)

 

どうすればいいか悩んでいた時、

昔に父から薦められた本を思い出しました。
Amazon.co.jp: TQ―心の安らぎを発見する時間管理の探究 …
この本。

 

僕みたいな状況の人は読んでおいて損はないです。

 

 

その本に書かれていた事を実践していくとけっこうタスクをうまく処理できるようになってきたのでいくつか紹介したいと思います。

 

それぞれの目標は何か?

本に書かれていた事はまず、目標設定です。

 

これは後に自分の行動管理をする上でかなり重要。

 

仕事とプライベートでの目標の設定。

 

弊社の黒田さん風に言えば成し遂げたい事に当てはまってきます。

 

これが見えていないと、物事を判断する時、タスクを処理する時、

自分にとっての優先順位がめちゃくちゃになってしまってしまいます。

 

僕はめちゃくちゃだったのでつい最近、黒田さんにご指導頂きました。(笑)

ありがとうございます。

 

 

まずは、土台をしっかり構える事です。

 

それがあっての管理のテクニック等が生きてきます。

 

ただ、僕の感覚としてはそんな大きな目標を掲げる必要はないと思います。

単純にありふれた目標でいいのかなと。

 

ここで重要なのは自分の価値観です。

 

僕の場合はこんな感じです。

仕事の目標は、

 

自分の力で生活していけるだけの技術を身につける。

将来的に人に無目的に奢ってあげれるくらい稼ぐ。

 

プライベートの目標は、

 

可愛い人と付き合う。

仕事以外でも生きている実感を得る。

 

 

もっと考えれば出てきそうですが、今はこんな感じです。

 

この設定した目標が日々のタスクを効率良く処理する上でこれから重要となってきます。

 

優先順位と緊急性

さてさて、これからは具体的にタスクを処理する上でのキーポイントとなるテクニックを紹介していきます。

 

忙しい日々の中でタスクを処理していくためには、

そのタスクが果たして優先順位が高いのか?緊急性が高いのか?

を意識する必要があります。

 

IMG_9562

 

この僕の手作りの表を見てもわかる通り、

優先順位が高くて、緊急性も高いものは当然優先して早く取り組むべきです。

 

ただ、日々の中で僕が一番重要であると思うのは表の星マークがついてる部分。

緊急性は低いが優先順位が高いタスク。

 

これが一番重要。

いかにここに取り組めるかがタスクを効率良く消化していく上で重要かと思います。

 

例を出してみましょう。

Aさんにとって人生の目標を達成するためには英語を話す事が絶対条件だとしましょう。

夏のTOEICに向けて勉強だ!

英語を勉強。=優先順位が高い。

 

だけど、テストは8月だしまだ余裕があるな〜

それよりも今日友達に遊びに誘われちゃったし、まぁ一日くらいいっか〜

 

今日だけ、

 

明日こそは、

 

それより今やるべきことがある!!

 

 

こうやって未来の優先順位が高いものから逃げ続けたAさんはテスト当日良い点は取れませんでした。

 

 

Aさんの中では

優先順位が高いが緊急性の低いタスク<優先順位が低いが緊急性の高い遊び

になってしまっています。

 

人によって何が重要で、何が必要ないかは違います。

だから、まずは自分の目標を定めたわけです。

 

自分が軸として置く目標から見て、

目の前の出てきた緊急性の高いものは必要か?

 

目標に対しての重要性の高いタスクを後回しにしていないか?

 

これらを意識するだけでも、

自分がこの時、今、何をすべきかが見えてくると思います。

 

 

まとめ。

 

 

以前の僕はこれらの優先順位、緊急性の関係を意識できていなかったあまりに、

緊急性の高い、優先順位の低いものにかなり時間を割いてしまっていました。

 

もったいないですよね。

 

 

とは言っても、

緊急性は高いけど優先順位の低い出来事は急にやってくるし、

なんだか、優先順位が高いでっせオーラをまとって僕たちの目の前に出現するわけです。

 

その見極めをミスらないためにも、

普段から自分も目標と向き合う時間を作るべきですね。

 

黒田さんが日々言っていた事が少しだが理解できた気がします。(笑)

 

 

僕も含めて、

緊急性の高いものについていきやすい皆さん!

 

自分の心にストップをかけて、

本当にそれが必要か考えてみましょう。

 

 

それでも流れてしまう人は、

 

おそらく立てた最初の目標に嘘があるのかもしれません。

 

何が何でも達成したい野望があれば、

 

目の前の誘惑も倒せるはず!

 

 

自分への戒めのためにも最後は偉そうに書いちゃいました。(笑)

 

 

 

自分に言い聞かせて頑張りまーす。

 


この記事を書いた人

加屋 陽士

メディアチーム

加屋 陽士