関西の長期インターン実績NO.1の未来電子テクノロジー

HOME > BLOG > やりたい事をやるにはどうすれば良いのか考えてみた

こんにちは!
インターンの小野です。

 

いきなりですが、
みなさんやりたい事ってあると思います。

海外で遊びたい、美味しいもの食べたい、世界一周したい、海外で働きたい、ミュージシャンになりたい..etc

気軽に出来る事からなかなか気軽には出来ない大きい事まで、様々あると思います。

やりたいことをするためにはどうすればよいのか、個人的な意見を書いてみました。

みなさんはやりたいこと出来ていますか??

なにかの責任にして逃げない

何かを始めるときに、

「自分は◯◯だからそれはできない」

と理由をつけて、いつまでも始めない人がいます。

本当は出来るのに理由を作り、始めないのです。

・友達になりたい人がいる
いつもは話さないけど今度会ったら話しかけたい

 

でも自分は、初対面の人と話すと緊張して汗がでる、滑舌も悪くちゃんと話せないから無理だ…

初対面の人と話すと緊張して汗がでるのを治して、滑舌も良くなるように練習してからにしよう

友だちになれないのは、
「初対面の人と話すと緊張して汗がでる」
「滑舌が悪い」
という事があるからだと逃げているだけですね。

実際友達になるのに、この2つのことが出来ていなくても可能かもしれない。
ただ自分が傷つきたくないので原因を作って、これさえなければ自分は出来ると思いたいだけです。

この「理由をつけて逃げる」ということをやめて、やりたいことをやりましょう。

過去や未来ではなく今を見る

やりたいことには達成するのが簡単な事、大変な事と色々あると思います。

でもどんなに達成が難しい事でも大切なのは今ここで何をするかです。

あたりまえのことですが、過去を嘆いても変えられませんし、未来の理想を想像しても何も変えられません。

今ここで何をするかが全てを決めます

全てが想定通りに物事が進む事なんてありません。

人なんていつ死ぬかもわかりません。

やりたいことを今すぐ始めましょう

人の意見の受け取り方

やりたいことをしようとして、明確にそれを否定されることもあると思います。

自分の事を本当に考えて言ってもらっている意見だとしても、

一つ考えてほしい事があります。

その人はその人の主観から意見を言っています

これはポジショントークというのですが、こちらについては森高さんが書いています。

常にアクセル全開の僕がふと最近思ったこと。

 

当たり前ですがその人の意見はその人の中では絶対に間違っていません。

なので自信をもって言ってくれます。

「それは絶対やめた方がいいよ」

これはその人があなたの事を考えて言ってくれた言葉です。

大切な意見です。

ただ自分の場合がどうなのかということは全く別の問題になってきます。

子: 大学辞めてアメリカに行きたい

 

親: それは絶対やめたほうがいいよ、銃もあるし、危ないし
英語も下手やん?
それに勉強も遅れるし、大卒もなくなるし・・

もちろん親は子供の事を考えて、心配してくれています。

子供に幸せになってほしいから言っているのでしょう。

しかし人によって何を幸せと感じるかは違います。

この時親の為を思ってアメリカに行かない、という選択も一つです。

ただ本当にやりたいと思うならばそれでいいのでしょうか。

人の言う事を全て聞いていたらそれはもう自分の人生ではありません。

本当の自分の人生を生きていく事が大切だと思います

最後に

今回は自分の考えを書いています。

伝え方も下手なので、他の人から見て意味がわからない事があると思いますが、僕個人の考え方なので、感じたことを意見として貰えたら嬉しいです。

僕は他人に影響されやすいので、すぐ考え方が変わります。笑
世の中には直接的に否定しなくても、相手の考えを上手く誘導出来る人が沢山います。
たとえ自分の考えが他の人に誘導されていても自覚できていない場合が多いと思います。
そういった事もわかってきたらもっと面白いですね。

自分の選択を後悔しない今にしましょう
ありがとうございました。

あなたの清きコメントもお待ちしております!

この記事を書いた人
小野 晶輝
小野 晶輝

この人が書いた記事を見る≫
Copyright MIRAIDENSHI,Inc All Right Reserved.