関西の長期インターン実績NO.1の未来電子テクノロジー

HOME > BLOG > 就活生へ「考えなくて済む仕事で満足してはいけない!」

こんにちは。
このブログを見る方は、
今就活中の方やインターン探してるよという方が
多いのではないでしょうか?

わたしは今大学3年生なのですが、
これから留学に行くこともあって人より一歩早く
就活の準備を始めないといけない状況になっています(泣)

もちろん無視することもできるのですが、
アピールポイント、エントリーシート、面接ぐらいなら
練習になるかと思い、大学で友人と練習をしています。

自分としては物怖じしにくくなったり、
自分という人間の分類や整理をできたり、
良い訓練になっていると思います。

入る企業を考えるにあたって一番重要なことは?

そして就活をするにあたって一番大きな問題は、
「どの企業を選ぶか」ということですよね。

正直言うと企業のこととかあまりわからないまま
ほとんどの人は企業にエントリーし、採用され、
そのまま人生を過ごすのかもしれません。

大学に入るのと同じように、
全国的な順位やなんとなくここが良いからという感じで
決めることが多いのではないでしょうか?

まあそこまでひどくなくても、
入ってからしかわからないことは多いですよね。

私が企業を選ぶとしたら、
・ 国際的な事業を行っているところ
・ 数年間単位で違う事業をさせてくれるところ
・ コアコンピタンス(強み)を持った会社
なんかを選びたいなあと、
理想高いと感じながらも考えているのですが、
理想を持つのは自由なので勝手にそういうふうに考えています。笑

ただ、ひとつ絶対に選びたくない企業も逆に言えばあります。
それは、「仕事がルーティーン化してしまっている」企業です。
考えなくてもできるようになるお仕事はしたくありません。

考えない企業は、死ぬ

これからの時代、日本にはかつてのように
仕事が溢れているということでもありません。

世界中の動きとして、まだ眠っている国、発展途上の国というのは
日本の高度経済成長とはまた違う独自の方法で成長を遂げます。

だから、これからは実力社会で、
必死に食らいついた者に仕事が降ってくるのです。

ルーティーンワークはロボットやAI(人工知能)が
全て解決してくれる時代になってしまうんですね。

だから、考えない企業とそこに入った社員は死滅します。

でもあと30年ぐらいは職はあると思うので
そこから転職を狙うのもアリですね…。
ブラックジョークでした。

考えろ!考えたいなら何をする?

わたしは成長意欲があるので、
日々考えることを大切にしたいと思っています。

最近はインターンや部活やゼミと、
いろんな風に当たりながら
自分を成長させられていると信じているのですが、
その中でも思考停止はしてはいけないと思っています。

思考できているかできていないかの一つの判断基準は、
大きな波を作ること

うん、つまり、

下から上へのギャップをドーンと埋められたか

ということです。

個人の成果を出すことは短期でも長期でもいいのですが、
勉強の場合は早くて3ヶ月と言われます。

3ヶ月も待っていられないこともあると思いますが、
逆に言うと全て3ヶ月が勝負になるのかもしれません。

勉強は学生時代のことだからいいとして、
ビジネスでは速さも問われるので
意識だけでもしてみるのはいいと思います。

にしても、とにかく
自分が伸びている実感を持ちながら仕事をする!

これが何よりも大切です。

表面的にポジティブになれる
お給料もそこそこのお仕事をするのではなく
波のある現場に立ち向かってください。

自分と読んでくれたあなたへのメッセージ

ひとつのことよりふたつのこと、
広く浅くよりも広く深く

を目指しながら頑張ってみれば、
人よりも何倍も成長スピードをあげられるのでは?

働く先はぜひみなさんが
日々伸びを実感できる企業を選んでください。

それはご自身だけではなく、
社会全体にも「考えて何かを生み出す」
という良い循環を与える
と思います。

わたしはまだまだできないので毎日精進していきたいところです。
大学生のみなさん、がんばっていきましょう!

あなたの清きコメントもお待ちしております!

この記事を書いた人
碓井 舞
碓井 舞

この人が書いた記事を見る≫
Copyright MIRAIDENSHI,Inc All Right Reserved.